活力アップのためのコラム記事

免疫療法とは

身体の抵抗力としての免疫作用

生体に本来から持っているおり、体外から異物が侵入してくると、その異物に対して攻撃し、体外に排除する働きがあります。

例えば、がんに対しても、がんを異物と認識して、がんの増殖を抑えようとする免疫作用が働きます。 免疫力を増強することでがんを克服することが、免疫療法なのです。

免疫療法は、古くから行われておりポシバニール、クレスチン、ウベニメクスなどといった免疫賦活薬が利用されてきました。 これらは療法は、全身的な免疫力を高めることでがんに対して攻撃力を高めることを期待して病院では使用されてきましたが、有効性がはっきりと確認できないことで、現在は、使用される機会が少なくなっています。

新しい免疫療法

これに変わる免疫療法として、リンパ球や貧食細胞のマイクロファージなどを免疫細胞から作られるサイトカインという生理活性物質が使用されています。 これには、インターフェロン、インターロイキン-2、腫瘍破壊因子などがあり、これが直接がん細胞を攻撃したり、他の免疫担当細胞を活性化して、効率的にがんの増殖を抑制することが知られています。

また、体内からリンパ球を取り出してサイトカンを加えて活性化してから体内に戻して治療を行う養子免疫療法も行われています。 これらの療法は、一部のがんに対しての効果であり、強い副作用や細胞調整の繁雑さなどから広く使用されているものではないのです。

病院で行うこれからの新しい免疫療法としては、多くの腫瘍でがん抗原遺伝子が検査で確認されていることです。 がん抗原という標的分子が明確になったことによって、より特異的な免疫療法の開発につながるようになります。

抗原としての機能を示す抗原内にあるたんぱく質の一種であるペプチドをワクチンとして、更には、免疫細胞の一種である樹状細胞に取り込んで生体内に使用することでがんに対する免疫反応を高め、がんワクチン療法による治療が進められています。

免疫療法の評価

免疫療法の治療効果の評価として、生存期間の延長効果、生活の質の改善効果などを考慮し、判断すべきということです。 免疫療法を、化学療法や分子標的療法と併用することで治療効果が高まり、がん治療の向上に役立つことが期待されています。

ウェルネスエィビーミルクのご購入

健康に気を使いたいのなら、まずは一度「免疫ミルク」をお試し下さい。
きっとご満足いただける商品だと思います。

日々体調がすぐれない、病気にかかりやすい、元気がでない、、、 そんな方にこそ、是非一度「免疫ミルク」をお試し下さい。

徐々に身体が元気になっていくことを実感できます。 医薬品ではありませんので、副作用など全く心配ございません。

身体の活力を上げるためにも、「免疫ミルク」を飲む習慣を付けましょう。

ウェルネスエィビーミルク
ウェルネスエィビーミルクのご購入

上のボタンクリックで、直接1箱ご購入することが出来ます。

ページの先頭へ